1. ホーム>
  2. 施設のご案内>
  3. ピアノのご案内

施設のご案内

ピアノのご案内

野木町文化会館には3台のグランドピアノを管理しております。
野木町の貴重な財産ですので、温度・湿度に気を配りながら、いつでもベストな状態でご利用できるように心がけております。

スタインウェイ STEINWAY & SONS D型(88鍵盤)

ニューヨークで生まれ世界中のアーティストに愛されているスタインウェイは、ドイツ移民ハインリッヒ・エンゲルハルト・シュタインヴァーグの「可能な限り最高のピアノを創ろう」という要求により創られた世界中で高く評価されているピアノです。

現在でも、作業の80%は専門の職人の手作りによって創られ、マイスターの手で完成されています。それ故に一台一台がオリジナルであると同時に芸術品であると言われています。

スタインウェイの音はどのようなジャンルの音楽にも幅広く適合し、限りない「表現の多彩さ」を備えたピアノと言えます。

スタインウェイは、大きくニューヨークスタインウェイ、ハンブルグスタインウェイの2種類に分けられ、ルーツはハンブルグスタインウェイにあります。野木エニスホールを含む国内の100%近くはハンブルグスタインウェイが使用されています。

芸術品であり、最高級のピアノをお楽しみください。

 

ベーゼンドルファー Bosendorfer Model 275(92鍵盤)

音楽の都、オーストリア・ウィーンで生まれたこのベーゼンドルファーは、伝統を支える芸術文化と美意識の高さを感じさせるピアノです。

手作業により長い時間をかけて造りだされたベーゼンドルファーは全世界への普及率が低く、弾く機会を得ることが難しい希少な楽器と言えるでしょう。

高音部の明るさに加え、他のピアノにないエキストラベースと呼ばれる低音側に長3度低いFまで拡張された鍵盤を持ち、中音域から低音域の表現力を増し、最もよく言われるベーゼンドルファーのイメージ「暗い音」「渋い音」「重い音」というよりも「重量感・重圧感」を聴くことができるでしょう。また、ベーゼンドルファー特有の「間」がゆとりある音楽を創りだすでしょう。

まずはイメージを捨ててベーゼンドルファーと向かい合ってはいかがでしょうか。

 

ヤマハ YAMAHA CFⅢS(88鍵盤)

国内最大の総合楽器メーカーヤマハが欧米の銘器と肩を並べるフルコンサートグランドピアノとして発表したのがこのCFⅢSです。CFⅢSは、ヤマハが楽器づくりで培った様々な技術とノウハウを生かしヤマハピアノの中でも最高級グレードを誇るものです。

特筆すべきは、国内生産であるが故に、日本の風土や気候にあったピアノづくりがされているので、気温や湿度の変化など厳しい条件に耐えられるように仕上げてあり、欧米のピアノにはない強さをもっているところです。

 

問い合わせ先

〒329-0101  栃木県下都賀郡野木町友沼181番地

電話番号:0280-57-2000 ファックス番号:0280-57-2044

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る